債務整理とは

返済に困っている借金を整理するにはいくつかの方法がありますが、それらの総称を債務整理と呼んでいます。
借金返済に困窮してしまった場合、法的にその借金を見直すことができます。
そして法的に可能ないくつかの方法によって、借金額を減らしたり、重い金利負担から解放されたり、場合によっては借金自体を帳消しにすることさえ可能です。
借金問題で苦しんでいる人を再生の道へ導くことが債務整理の目的です。


しかし、現実にはこのような方法を取らずに、債務者が借金から逃れるために夜逃げをしたり、自殺に追い込まれたりする悲劇が後を絶ちません。
法律のことがよくわからなかったり、相談できる人がいなかったりするからです。
債務整理とは、借金で苦しむ人を法律で守る方法ですので、悲劇を避けるためにも、債務者は積極的に取り組んでいく必要があります。


債務整理には、任意整理、民事再生(個人再生)、特定調停、自己破産などのいくつかの方法があります。
それぞれのメリットとデメリットをよく理解し、その人に合った債務整理を行う必要があります。
債務整理を行う中で、本来払わなくてよいはずの利息を払っていることが判明する場合もあります。
その時は過払い金を請求することができ、これにより借金が減額したり、返済が完了したりすることもあります。


また、住んでいる家などの財産を手放さずに借金返済を軽くする方法もあります。
近頃では、テレビコマーシャルを通して、過払い金請求ができることが広く認知されてきたことから、弁護士や司法書士へ債務整理の手続きに関する相談する人が少しずつ増えている傾向にあります。


☆特集
弁護士や司法書士へ債務整理の手続きに関する相談が無料で出来るサイトです ⇒ 債務整理 手続き

Copyright © 2014 借金から立ち直る方法 All Rights Reserved.